読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICPC Bangkok 2016

ICPCBangkokアジア地区に参加してきました

出発まで

  • なんか中間を休むために理由書が必要だった
  • ライブラリの準備に手間取った(25枚以内で、チーム名と通し番号が必要)(pdfに通し番号振るのが難しすぎた)

帰国した翌日が情報実験第四(組み込み)の製作物発表日で、 何も準備ができていないのでバンコクでの製作が決定する

飛行機の暇つぶしとしてラノベ2冊と去年一昨年の過去問を持ち込む。

木曜日

空港で迎えと会うのに苦労した。飛行機に乗ってる最中に迎えの場所のメールを送られていたっぽい 迎えのお姉さんがハチャメチャ可愛くてびっくりした。

到着してコーチhadroriオススメの飯屋へ行く

さすがに疲れてたのですぐ寝た

金曜日

深夜に朝7時にバスで出発するよ!メールが来てた。ハチャメチャ(今確認したが、2時33分。) 早起きしていたので間に合った。

チュラロン大学を観光

プラクティスは左右が東大チームでハチャメチャ あと問題がコーナーケースまみれでハチャメチャ

疲れで完全に僕は死んだので、夜ご飯いかずに寝た

土曜日

深夜に(ry (1時22分) 更に、CCで全員のメールアドレスを配布するという典型ミスが行われた。ロック

コンテストはだいたいpirozさんの見てもらえばOKです。 訂正すると、僕の解法は8問ではなく6問

去年一昨年はかなりひどいセットだったのが、今年は何が起きたのか。 重考察まみれで、要するに良問セットで、ひたすら解法生成をすることになった。 問題の質としてはUTPCクラスだと思う。 去年までの作問陣が作った問題は多分プラクティスに回されたんだと思う。(失礼)(でもH問題はreadforcesで去年までの面影が残っていた)

一方環境の方はちゃんとロックしていて、 紙が配布されなかったり、途中でパソコンが止まったりした。 vscode/atom/sublimeが使えた。全く準備をしてなかったため使わなかったが(コンテストページに書いて欲しかった)

あと左右はやっぱり東大チームだった

紙は無駄にライブラリを3部印刷していたため、実質裏紙が50枚あり、困らなかった (でも僕は紙を大量消費するので、35ページぐらい使ったと思う)

めっちゃ僅差で2位を逃した。WFに行ける確率は0ではないがかなり低い、って感じらしい でもここまでCxiv-Dxivと接戦に持ち込めるのは想定外だった。

日曜日

観光をした。ボラれた。タイマッサージをした。

コーチhadrori、そろそろエオルゼアが足りなくてヤバイっぽい

月曜日

朝五時にホテルを出て空港へ。 組み込みの進捗が爆発炎上していて、飛行機で組み込みをしていた。

朝四時まで組み込みをした。

火曜日

組み込み発表会。まさかの優秀賞を取った。